Arduinoのスケッチの基本的な構造

Arduinoのスケッチの基本的な構造について

Arduinoのスケッチの基本的な構造は下記となっています。

1)ライブラリの読み込み

グローバル変数の設定
void setip()以前に書き込み

2)
基本設定部位

ここで設定を記述
void setup(){
}

3)ループの設定

Arduinoの動作は基本的にはここに記載
void loop(){
}

inserted by FC2 system